内視鏡下前立腺全摘出手術 当日

術後4日目にして、やっとブログの更新です。

しかも、タブレットからやっとのことで(笑)

 

7日、手術当日

予定では11:30分からでしたが、前の手術が少し早く済んだようで、

11時前に声がかかり、歩いて手術室へ。

名前、タグ、術部の確認後直ぐに手術台の上へ。

昨日から着ていた術着から、手術用のシート?を掛けられ、スッポンポンに!

麻酔用のマスクを付けられて。

「はい、これから麻酔をします・・・」多分そんなことを言われたと思います。

「よし、頑張るぞ!」と思ったところまでは覚えているが?

 

「 ##さん、無事終わりましたよ。」

「わかりますか?」

「これからお部屋帰りますよ!」・・・と言われて意識が少しもどりました。

結局少しもがんばれずじまいだった様です(笑)

 

意識が戻ったとたん、猛烈な右肩の痛みが襲ってきました。

全く動かないどころか、その痛みで手術のことをちょっとの間思い出せませんでした。

動くほうの左腕で右手首を持って引っ張ったり、肩をさするのですが、ぜんぜん動かせずにいました。

 

看護師さんが言うには右肩が赤く腫れているそうでした。

 

事前に聞いていたのですが!

手術中は下半身を上げ頭を下にした状態で、手術台から落ちないように両肩をしっかり固定していたことと、

昔多分痛めていた右肩を6時間近くしっかり固定していたことで、炎症を起こしたみたいです。

 

手術時間は6時間を越えていたようです。

その夜は痛み止と湿布をして過ごしました。

 

え!もちろん「点滴2つ」と「体液排出用ドレーン」と「尿道カテーテル」とをつけてですよ。

 

腹部には切り取った痛み(大袈裟に言うと内蔵をかき回したような?多分)と

内視鏡用に開けた穴と少し切開した痛みが広く存在してます。

 

全身麻酔の影響がまだ効いていたのでしょうか?

何とか一晩過ごせました。

 

術後、Drが来られて「無事終わった」こと「片側の神経温存ができた」こと、

その為に時間が掛かったことを聞きました。

 

とりあえず、第一関門突破!パチパチパチ

カテゴリー: 前立腺肥大・癌・尿閉 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。