「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」をAndroid4.0にアップデートしました。

毎日使っている「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」で先日(28日から)システムの更新が頻繁に表示されるので、更新しようとすると「WIFI」環境が必要・・・と表示されます。

もし、TABしか持ってなくて、自宅にインターネット回線(WIFI)がない人はちょっと手間じゃないでしょうか?

と思いながら自宅で今日更新しました。

 

内容をよく調べずに作業したのですが、結構時間かかりました。

そうですね約40分くらいはかかったでしょうか!

 

結果は「ありゃりゃ???」

折角設定していたホーム画面や各ページのアイコンが初期設定以外全部ぶっ飛んじゃったではないですか!

 

よく見るとOSが「Android4]にバージョンアップされていました。

初期(ログイン)画面が少し野暮ったい感じです・・・

 

しょうがないので、ダウンロード済みのアプリケーションをまた一つづつ各ページ配置しなおしました。

大変ですよ!1時間はかかりましたね・・・

 

まあ、その過程で見つけたことがいくつかありました。

① 「ページ」がサードパーティーのアプリが無くても増やせます。

② タスクマネージャーが「ホーム」アイコンを長押しすると起動します。

多分他にもあるんでしょうが、おいおい見つけていきます。

 

でも、やっぱり画面がもっさりしています。これはいけませんね!!!

ところで、ネットで調べるとニュースが出ていましたので。

===========================

「スマホヘッドライン」!より

旧機種のAndroid4.0アップデートが徐々に進みつつありますが、ドコモより発売中の「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」に、明日28日よりAndroid4.0アップデートが提供されます。
なおプリインストールの『Flash Player』は削除されてしまうので、必要な方はアプデ前に最新バージョンに更新しておくことをお忘れなく!

カテゴリー: GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。