アテローム(粉瘤)の手術跡が痒い

最近妙にアテローム(粉瘤)の手術跡が痒いんです。

夜寝ている時や、ふとした時に妙に痒いんです。
ところが手術した場所がちょうど背中の左肩の下側でして、
手が届かない。
いや、指が届かない。

家に言えるときは「孫の手」の出番で済むのですが。
職場では大変困ります。

最初は我慢。
しばらく我慢して、指を思いっきり伸ばしてやっと端っこを掻く。
どうしても我慢できないと柱などの角を利用してしまう。
見ているほうは滑稽でしょうが本人は結構真剣ですよ。(苦)

よく考えると、暖房で少し温度が高くなったときに起きているようです。
血の循環が良くなるとケロイドになった傷跡の薄い皮膚の下の血管が活発に働いているようで、
どうもそれが原因らしい。

結局防ぐ方法は無さそうです。
う~ん困ったなあ!(;_;)…

カテゴリー: アテローム(粉瘤) パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。