アテローム(粉瘤)③手術

 さて、手術です。

ホントに簡単に考えていました。

処置室で済むと思っていたのですが、とんでもない!

きちんと手術着に着替えて、あのライトが煌煌とした手術室です。

うつ伏せになり、背中の部位を丁寧に消毒してさあ開始です。

え!ちょっとした手術だと思っていたのに外科の先生が二人もいます。

『電気メスで切ります』・・・
電気メスと言うのは生まれてはじめてのことでしたが、驚きましたね!

気の弱いかたは、これ以降は読まないでください。

ですから、ちょっと行を明けますね!
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・

       ・

       ・

       ・
電気メスというのは、音も無くスーっと切れると思っていました。

違うんですねえ、皮膚の焼ける音がするんです。

『ジッ・ジッ・ジッ・ジッ・ジッ・・・』っと
まあ、麻酔のお陰で痛みは無いのですが。

『アテローム(粉瘤)が大きいので、全て取りますね!』
驚きましたねえ、肉の焼けるにおいまでするんですよ。

自分の肉が焼けるんですよ!ビックリしたなもう!

で、まあ無事手術は終りました。

先生が切り取った部位を見せてくれました。
意外と大きいんですよこれが。
先生の説明では、全て取りきらないと化膿が再発して後々大変らしいです。

切り取った部位の大きさは
  7cm × 2.5cm 位はあったように思います。




次回は、術後の写真有りです。
あまり、気持ちの良いものではありません。



関東労災病院のHPより引用


写真は関東労災病院のHPにリンクしています。


カテゴリー: アテローム(粉瘤) パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。