頻尿と過活動膀胱? 【トビエース】

『前立腺癌』の術後「尿漏れ」が続いていたのですが、
遂に「夜間頻尿」と「過活動膀胱」までも発症・・・(*ㇸ*);

仕事に影響が大きい為、定期健診時に相談すると
【トビエース】と言う薬を処方してもらいました。

飲み始めると、確かに「尿意切迫感」は少なくなり、
「夜間頻尿」も減りました。。。。

ところが、朝に1錠飲むよう指示されたのですが、
どうも昼間「ボー」っとしたり、「喉の渇き」がするので
就寝前に飲むようにすると、昼間の「ボー」っとすることは無くなりました。

ところが、夜中から起床後にものすごく喉が渇きます。
もっと、効果的な薬が出来ることを切に願う毎日です(トホホ)…(笑)

何時から?そして何時まで?

もう2年になります。
え!何がかって「前立腺癌」による全摘手術後です。

手術は無事終わり、術後の検査「PSA(前立腺特異抗原)検査」でも現在に至るまで、値は正常です。

でも、切実な話「尿漏れ」がとまりません。
人によっては、短期間で日常生活に支障のない程度に回復するそうですが?
私に場合は、残念ながら正反対の状態です。

この2年間ずっと「尿漏れパッド」のお世話になっています。
と言うか、手放すことが出来ません。

これって、大変なストレスです!

もともと術前の検査でも「尿道内圧」が他人よりも低くかったのですが?・・・
術後の検査では「0」が続きました。

そして、2年経った現在も毎日「尿漏れパッド」が必要です。
2枚/日程度が必要です。

まあ、おそらく一生必要なのでしょう?
いや、歳を重ねるごとにこの「尿もれ」はひどくなりそうです!

頭では、理解しているのですが?
でも、感情はなかなかそれを受け入れることが出来ません。

男性の平均寿命は「80.50歳」(2015年度)だそうです。

ちょっと考えてみてください・・・
平均寿命まで生きられれば、
これから、14年弱も「尿漏れパッド」と付き合うことになります。
気が遠くなるような(いや、過ぎて見れば「あっという間」かもしれませんが?)時間を過ごすことになります。

「前立腺癌」が判った時、ほぼ迷わず「全摘手術」を選びましたが?
そんな術後の人生を思い描くことは出来ませんでした。

毎日の生活は「その日・その日に追われています」が、ふと気が付くと結構負担になっています。

はてさて、「何時から?そして何時まで?」と言う思いがふっと頭をよぎります。

 

まあ、「平均寿命」まで生きられれば!と言う話ですが(笑)

前立腺全摘手術 : 本日の病院食(夕食) 2013/08/09

もう夕食です。

病院では朝食は7時40分くらい、昼食は11時40分くらい、夕食は17時40分くらいに届きます。

特に朝食と昼食の間が4時間ほどしかなくお腹がすく間がありません。



7分粥、

タマネギと人参のスープ、

鶏肉とグリーンピースのハンバーグ風にキャベツ添え、

サツマイモのサイコロ切りにマヨネーズ添え

これも7割くらいしか食べられませんでした。

前立腺全摘手術 : 術後2日目で初めての便通(9日)

ちょっと尾籠な話ですが、7日に手術して朝食後に初めての便通がありました。

と言ってもほとんど食べていませんので、ごくわずかの軟便でしたが。

 

実は、術後の傷跡が痛むのと、尿道カテーテルの痛みで便座に座るのも大変です。

お腹に力を入れるのも恐々です。

 

でも、たとえ僅かでも便通があったのでちょっと一安心?(笑)

 

後は「日にち薬」です。

毎日少しずつでも良くなっていくことが実感できると良いのですが!