⑥ Andrionアプリを作ってみようっと!  「Eclipse」の起動と初期設定

さて、「Eclipse」の日本語化までは済みました。

つぎは「Eclipsse」を起動して初期設定します。

C:\MyApprication\eclipse\eclipse.exeを実行する。

ディスクトップにショートカットアイコンをつくると良い









___は「パースペクティブ」

もし「パースペクティブ」が「Java」になっていなかったら、

「ウインドウ」⇒「パースペクティブを開く」⇒「その他」で「Java」を選択して「OK]




これで完了です!

次回は「ADT」(Android Development Toolの略)のプラグインをインストールします。

 

 

⑤ Andrionアプリを作ってみようっと!  「Eclipse」の日本語化

「Eclipse」は英語使用ですのでこれを日本語化します。

まず日本語化のための公式サイト「Pleiades」から「Plaides」と言うプラグインを追加します。

本によると、この「Plaides」には日本語化済の「Eclipse」もダウンロード出来るそうです。

今回はすでに「Eclipse」がインストール済なので「Plaides」のみダウンロードします。

クリックでホームページにリンク

ちょっと下にスクロールすると、 Pleiades プラグイン・ダウンロードへ





ダウンロードした「pleiades.zip」をダブルクリックして展開する。

展開後のファイルを前回の「C:\MyApprication\eclipse」フォルダに上書きする。



「Eclipse」に「Pleiades]の設定をする。

「Elpices]フォルダ内の「eclipse.ini」ファイルを編集し、最下段に次の行を書き足します。

-javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergsdoc.pleiades/pleiades.jar



このファイルを上書き保存して終わりです。

次回は「Eclipse」の起動から初期設定です。

④ Andrionアプリを作ってみようっと! 開発ツール 「Eclipse」のダウンロード

Androidの開発は「マルチプラットフォーム」対応の「Eclipse」を使用します。

「Eclipse」をダウンロードします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
① Eclipse画像クリックでリンク先へ



「64bit」なので







「Eclipse」は圧縮ファイルです。
解凍後、好きな場所にフォルダごと移動します。
一番良いのは「C:¥」ドライブの直下に「アルファベット」名の新規フォルダを造って
その下層に配置します。

今回は本の通り「C:\MyApplication」を新規作成しその下に配置します。

次回は「Eclipse」の日本語化です。

③ Andrionアプリを作ってみようっと! JDKの「Path設定」

さて、「JDK」のインストールも終わったところで

「Path設定」をします。

作業は以下の通りです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コントロールパネルの「システム」へ





「Path」を選択する

既に「Path」が存在する場合には、追加します。





正しく「Path」が設定されるか確認します。

以上で、「JDK」の設定は終わりです。

次回は「Eclipse」のインストールです・

② Andrionアプリを作ってみようっと! JDKのダウンロード・インストール

昨年も手を付けた「Androidアプリ開発」

挫折していたので、改めて再挑戦!です(^o^)

「JDKのダウンロード・インストール」の手順は以下の通りです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
クリックでホームページにリンク





























以上で「JDK」のダウンロードとインストールは終わりです。

次回は「JDK」の「Path設定」です・