Galaxy TAB(SC-01D)のケース作り変えました!

前回ダイソーの「B5ケース」をベースにGalaxyTABのケースを作ったのですが、

先日の入院中に少し乱暴に扱ったらちょっと使いにくくなったので、

購入も考えたのですが、またまたダイソーの安い材料で作りなおしました。

 

今回は、Display面側の蓋を無くしました。

それと、片手で持つのが不便だったのでその機能も持たせました。



四隅は「ホワイトボード」をばらして角を再利用。



「アクリル板」の中心に10cmの円を切り取り、円形に切り取ったアクリル板の両側を使い古した「DVD」2枚で挟みました。

取っ手は「DVD」にアクリル板の端材とこれも100円の「サスペンダー」のベルト部分を切り取って使いました。

GalaxyTAB本体裏側とアクリル板の間にもアクリル板の端材を「DVD」を挟むような形で「両面テープ」で貼りあわせて、隙間が浮き上がるのを防ぐのと背面側の「DVD」とがこすれ合わないようにしました。

後はΦ2.6mm×5mmのボルトで四隅の部材をつなぎ、持ち手の部分はΦ3mmのネジでサスペンダーのベルト部分とアクリル板の端材を絞めて出来上がりです。

費用は300円+α<=500円位でしょうか?

勿論人件費は考えてません(笑)

 

作成時間は約3時間。

設計書なしでその場合わせで試行錯誤の結果思ったより時間がかかりました。

組み立ててから、カメラのレンズ部分の穴開けを忘れていたので、一度分解して穴あけしなおしたりと結構手戻りの多かったこと。

 

次に作るときは1時間半くらいで出来ると思います。



回転する取っ手をつけたので片手での操作がとっても楽になりました。(自慢!)

「Gmail2段階認証」の続き

PCで「Gmailの2段階認証プロセス」を設定完了してから、

Galaxy Tab 10.1 SC-01D(Android)端末でGmailにアクセスすると、

改めてログインを求められました。

PCでの「2段階認証」が有効になっていた証拠でしょう!

で、指示通り再ログインすると、「パスワード」の後で「確認コード」の入力を求められました。

と同時位にGmailに「確認コード」が送られてきました。

で、それを設定すると無事ログインできました。

 

まあ、これで一応アカウントの不正乗っ取りからは防げるのでしょう!

「Swype」がPlayStoreに

今まであまり興味がなくて無視していましたが、

Google PlayStoreに登場したそうです。

こんな記事でしたが、さっそくインストールしてみました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ギネス記録の高速入力を実現するSwype、日本語にも対応してついにPlayストアに登場

TechCrunch Japan 4月26日(金)5時18分配信


2010年3月に、Swypeはごく限定的なプライベートベータとしてスタートした。スワイプして文字を入力するという驚くべき(今では多くの入力システ ムで同じ仕組みを採用というか模倣している)仕組みを備えていた。以来、多くの端末にプレインストールされたり、一般公開ベータとして徐々に普及していっ た。そして1億ドルにて買収されることとなったのだった。いろいろな動きを見せてきたのだが、それでもこれまでβ版であると主張し続けてきた(まるで Googleのようだ)。

そのSwypeがついに、Google Playストアにてデビューすることとなった。

公開されたのは2種類で、ひとつは無料のトライアルバージョンとなっており、30日間動作するようになっている。もうひとつの方は99セント(日本では 99円)の有料版で、こちらはもちろんずっと動作するものだ。将来的には1本にまとめる予定だとのこと。とりあえずアプリケーション内購入の仕組みを実装 することによる問題の発生を避けたかったということのようだ。また99セントというのは近々改定する可能性もあるらしい。

2010年6月からベータ版として提供されてきていて、多くの人がインストールしてきていた。しかしベータ版の導入にはいろいろ手間がかかっていた。当初 はメールアドレスなどの登録も必要だった(しばらくの後には無用となった)し、予め外部サイトからのアプリケーションダウンロードを可能にしておく必要が あった。申し込みからダウンロードまでが完了すると、ようやくダウンロードしたインストーラーを起動して、そして種々設定が行われるという仕組みになって いたのだった。もちろん難しくて手も足も出ないというほどではなかったが、Playストアかで「インストール」をタップするのに比べれば、遥かに困難な道 程ではあった。

ようやくPlayストアデビューとなったわけだが、SwypeがOEMによって工場出荷時からインストールされるようにと動いている間に、 SwiftKey、SlideIT、ないしShapeWayなどがコンシューマー向けの類似プロダクトをリリースする事態となっている。また Android自身も4.2で同様のスワイプ入力をサポートしている。

Playストアデビューが遅すぎたのではあるまいか? あるいはそうなのかもしれない。しかしSwype自身はあまり気にしていないようでもある。

「少し遅かったかもしれませんね。もう少し早く出せれば良かったかもしれません」とNuanceのMobile Product部門VPであるAaron Sheedyがインタビューで述べていた。「しかしスマートフォンはこれからますます普及していくことになりそうです。老若男女を問わずスマートフォンを 使う時代が到来しつつあります。Swypeはサポート言語も数多く、世界中のマーケットで受け入れられてもいます。ちなみにサポート言語の数は62言語に 及び、またいくつかの方言もサポート対象としています(訳注:日本語にも対応しています)」とのこと。

また、実のところは「遅すぎる」こともさほど問題視してはいないのかもしれない。SamsungやNokiaとのOEMによるSwypeのライセンス販売によって多くの売り上げを上げているのだ。そこから入る売り上げが、最も大きな収入源となっている。

(いったいAppleがこうしたSwype風入力システムを採用するのはいつになるのかと気を揉んでいる人も多いことだろう。Swypeによれば、実のと ころ毎月のようにAppleの担当者とは会っているのだとのこと。しかしAppleがどうするつもりなのかについては、まだ何も決まっていないようだ)。

ベータ段階からSwypeを使っていたのなら、今回の正式版もこれまで同様に使うことができるだろう。ベータテスト参加者に提供されてきていたさまざまな機能も、今回のリリースにて実装されている。

“Living Language”:自動的に新しいトレンドワードを追加してくれる(たとえばシンガポールで利用している場合、Singlishの単語も追加してくれ る)。Smart Touch:つい隣接したキーボードに触れてしまうことが多いようなケースでも、Swypeが自動的に適切なキー入力がどちらであったのかを判定する。 Smart Editor:入力する文字列によって、利用する単語の予測も行うが、句読点を入力した際には全文を通して入力した単語の確認を行うようになっている。も し文脈的におかしな単語が確定されていたら、その部分にアンダーラインが引かれ、タップにより修正できるようになる。30日間無料版はこちらから、有料版 はこちらからダウンロードできる。

(翻訳:Maeda, H)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

インストール後の結果から言うと、何もしなくても日本語対応になってました。

認識も学習機能があるのならそのうち向上するのでしょう。

しばらく使ってみます。

気に入ったら99セント出して購入します。

え!え!え!AndroidのGmailが突然「停止」して動きません?

PCで新しくGmailアカウントを追加して登録も完了して、

Galaxy Tab(SC-01D)でアカウントの追加をしようとしたら!!!

同期しようとした最初の画面で、突然Gmailが停止してしまいました。

 

何度アプリを再起動してもダメです。

本体を再起動していもダメです。

やむを得ず、「アプリケーション」から「Gmai」の

「キャッシュ」を削除するもダメ!

「データ」を削除するもダメ!

やむを得ず「強制停止」してもダメ!

「更新」を削除して・・・

結局「アンインストール」の表示が出たのでやむを得ず「OK」をクリックして初期設定状態に・・・

 

終了後ホーム画面から再度「Gmail」を起動したらやっと正常に!!!

ホッとしましたが、時々こういうことが起こります。

 

また、これで睡眠時間が減ってしまった(-_-);