頻尿と過活動膀胱? 【トビエース】

『前立腺癌』の術後「尿漏れ」が続いていたのですが、
遂に「夜間頻尿」と「過活動膀胱」までも発症・・・(*ㇸ*);

仕事に影響が大きい為、定期健診時に相談すると
【トビエース】と言う薬を処方してもらいました。

飲み始めると、確かに「尿意切迫感」は少なくなり、
「夜間頻尿」も減りました。。。。

ところが、朝に1錠飲むよう指示されたのですが、
どうも昼間「ボー」っとしたり、「喉の渇き」がするので
就寝前に飲むようにすると、昼間の「ボー」っとすることは無くなりました。

ところが、夜中から起床後にものすごく喉が渇きます。
もっと、効果的な薬が出来ることを切に願う毎日です(トホホ)…(笑)

「ホルモンバランス」・「胃カメラ」検査の結果

「ホルモンバランス」の検査結果も!
「胃カメラ」の検査結果も!
いたって正常でした。。。???

結果に安心したのも本心ですが?
でも、今までの「しんどさ」・「だるさ」・・・は何だったのでしょうか?

やっぱり「高血圧」だけが原因だったのでしょうか???
最初に処方された「降圧剤」はなぜか、身体に合わなかったようで
脈拍が異常に高くなりました。

 

で、上記の結果を聞いた時に投薬の変更をお願いしました。

薬が変わってからは、少し状態がおちついて 居るようです・・・
はてさて、このさきどうなることか?

以前よりは体の「しんどさ」や「ダルサ」は少し楽になりましたが???

血圧測定結果一覧

何時から?そして何時まで?

もう2年になります。
え!何がかって「前立腺癌」による全摘手術後です。

手術は無事終わり、術後の検査「PSA(前立腺特異抗原)検査」でも現在に至るまで、値は正常です。

でも、切実な話「尿漏れ」がとまりません。
人によっては、短期間で日常生活に支障のない程度に回復するそうですが?
私に場合は、残念ながら正反対の状態です。

この2年間ずっと「尿漏れパッド」のお世話になっています。
と言うか、手放すことが出来ません。

これって、大変なストレスです!

もともと術前の検査でも「尿道内圧」が他人よりも低くかったのですが?・・・
術後の検査では「0」が続きました。

そして、2年経った現在も毎日「尿漏れパッド」が必要です。
2枚/日程度が必要です。

まあ、おそらく一生必要なのでしょう?
いや、歳を重ねるごとにこの「尿もれ」はひどくなりそうです!

頭では、理解しているのですが?
でも、感情はなかなかそれを受け入れることが出来ません。

男性の平均寿命は「80.50歳」(2015年度)だそうです。

ちょっと考えてみてください・・・
平均寿命まで生きられれば、
これから、14年弱も「尿漏れパッド」と付き合うことになります。
気が遠くなるような(いや、過ぎて見れば「あっという間」かもしれませんが?)時間を過ごすことになります。

「前立腺癌」が判った時、ほぼ迷わず「全摘手術」を選びましたが?
そんな術後の人生を思い描くことは出来ませんでした。

毎日の生活は「その日・その日に追われています」が、ふと気が付くと結構負担になっています。

はてさて、「何時から?そして何時まで?」と言う思いがふっと頭をよぎります。

 

まあ、「平均寿命」まで生きられれば!と言う話ですが(笑)

遂に「高血圧」の投薬を受けることになりました(・_・;)

今年の3月頃から体調不良が続いていまして・・・

とりあえず、「だるい」・「しんどい」・・・の繰り返し。

 

4月頃から試しに市販の「ビタミン・栄養剤」を服用し始めましたが?

これも改善するどころか、どんどん症状が悪くなります。

 

一日中「だるい」・「しんどい」・・・の繰り返し。

ひょっとして?と「ビタミン・栄養剤」の服用をやめるとちょっと改善???

 

さすがにこれは異常だと思い、また過去の病気(「C型肝炎」・「前立腺癌転移」など等)の再発か?

はたまた、「糖尿病」?などと要らぬ心配していても始まらないので、

意を決して(笑)病院へ。

 

「総合診療科」を受診するも、

朝9時に受付、3時間超待って診察。

続いて「検尿」・「採血(7種類)」・「レントゲン」の検査をして、結果待ち。

 

またまた、3時間待って診察。

心配していた「C型肝炎」・「前立腺癌」の数値については問題なし。

「糖尿病」も心配なし。

後、「副腎」の炎症の心配があるので!と言う事で「単純CT」撮影。

またまた、診察室へ

「単純CT」で「副腎」の心配も無し。

で、この段階で残ったのは「高血圧」

診察前の測定で (114-175)を記録していた。

普段も高い血圧でしたが、ここ最近(2年ほど)は測定のたびに高い値を記録???(笑)

それと、「レントゲン写真」で下向大動脈が一部軽い蛇行をしているのも「高血圧」が原因?とか

 

遂に「高血圧」が原因ではと言う事で、とりあえず「降圧剤」を処方されました。

 

ただ、「ホルモンバランス」の検査と、

「胃周辺」の不快感に対して「胃カメラ検査」と

肝臓等内蔵の「エコー検査」を追加で行うと言う事で、

7/24と7/30に再度検査をすることに。

 

ここまで、朝9時から夕方5時過ぎまでの8時間以上病院に居て、

フラフラ、へとへと・・・

家を出てから帰るまで10時間以、これって仕事よりしんどい筈です。

 

最後の会計終了時には「クレジット支払機」も閉まる寸前で、ちょっと待ってもらうことに。

気が付いたら2Fに患者は僕一人だけ(アハハ、こりゃタマラン)

あ~あ、疲れた。

 

まあ、でも心配していた病気でなくて良かったですね?

でも、遂に「高血圧」を認めざるを得ないことに相成りました。(トホホ・・・)

 

あと、昨年の「大腸ポリープ」の摘出後の経過検査も必要で、8月にはまた仕事を休まないといけません。

『眼内レンズが落ちる』Part4

で、手術の翌日検査の為病院へ!

実は自分で運転して行こうと思っていました。が

朝一番「眼帯用」のガーゼなどを外したら・・・

まあ、予想通り!と言うか

右目は真っ赤、瞼はボンと腫れて眼の大きさは半分程度???

夜中はずっと瞼の裏に痛みがありあまり眠れませんでした。

 

で、自分で運転するのはあきらめて、送迎してもらう事に!!!

9時前に着いて、

診察では、手術翌日の患者が優先で3番目に見てもらいました。

『経過は順調』?だそうで、目の中はきれいだそうです?

そりゃまあ、「硝子体」は無くなっていて「灌流(かんりゅう)液」で満たされているのですから、

などと内心思ったり(笑)

あ、そうそう今日から1日4回の点眼をします。

結構うっとうしいなあ・・・でも必要だし!

 

次回は土曜日に診察予約をして帰りました。

 

ネットで「やすはらが眼科クリニック」を見つけて

「硝子体手術」の説明を読みました。

僕私場合は「白内障手術」でいれた「眼内レンズ」が落ちたため、

「硝子体手術」にあわせて「眼内レンズ」を目の内側に縫い付けたんです???

もう落ちることは無いと思いますが!

医療の進歩はすごいなあ?でも

ちょっとだけ想像してみてください!・・・・・・

syoushitaiやすはら眼科クリニックのページから