『眼内レンズが落ちる』Part4

で、手術の翌日検査の為病院へ!

実は自分で運転して行こうと思っていました。が

朝一番「眼帯用」のガーゼなどを外したら・・・

まあ、予想通り!と言うか

右目は真っ赤、瞼はボンと腫れて眼の大きさは半分程度???

夜中はずっと瞼の裏に痛みがありあまり眠れませんでした。

 

で、自分で運転するのはあきらめて、送迎してもらう事に!!!

9時前に着いて、

診察では、手術翌日の患者が優先で3番目に見てもらいました。

『経過は順調』?だそうで、目の中はきれいだそうです?

そりゃまあ、「硝子体」は無くなっていて「灌流(かんりゅう)液」で満たされているのですから、

などと内心思ったり(笑)

あ、そうそう今日から1日4回の点眼をします。

結構うっとうしいなあ・・・でも必要だし!

 

次回は土曜日に診察予約をして帰りました。

 

ネットで「やすはらが眼科クリニック」を見つけて

「硝子体手術」の説明を読みました。

僕私場合は「白内障手術」でいれた「眼内レンズ」が落ちたため、

「硝子体手術」にあわせて「眼内レンズ」を目の内側に縫い付けたんです???

もう落ちることは無いと思いますが!

医療の進歩はすごいなあ?でも

ちょっとだけ想像してみてください!・・・・・・

syoushitaiやすはら眼科クリニックのページから

『眼内レンズが落ちる』Part3

『眼内レンズが落ちる』の続きです。

一晩不自由な生活でした。

どうも下を向くと「眼内レンズ」が7割くらい目の真ん中に戻ってきます。

明らかにレンズの丸い縁が移動するのが見えます。

そうすると視力が一気に戻ります。

油断してちょっと上を向くとまたもやレンズがずれて見えなくなります。

 

前日貰った手術の説明書に費用が記載されていました。

え!・・・ 約15万円だって(勿論保険適用してですよ(*0*)

大慌てで健保協会へ『限度額認定書』を貰いに午前中に行きました。

急な出費です・・・

 

17時前に病院に着きました。

17:15 : 手術の控室へ

       「散瞳」の目薬と「血圧」安定のための注射針を左手にセット

       頭にキャップをしテープで固定?されました

17:50 : 手術室へ

       仰向けになって右腕に「血圧計」、左手の「注射針」に血圧安定用のカテーテル?・・・

       顔の上全面にシートがかけられました。

       『眼を開いて』と言われたら、瞼の周りがピタッと引っ付きました。

       要するに、瞼が閉じないように開いたままです。

       右目の部分がハサミで取り除かれました。

       洗浄と麻酔点眼などがあり、ググッと目じりと瞼のところに注射による麻酔が打たれたようです。(これは見えていません)

       次に瞳が閉じない様だと思うのですが、目に金具?がググッとはめ込まれました。

       瞳は動かないし、照明が異様にまぶしく・・・でもよけられません。

       後は、切開されているのでしょう、そう言えば、『硝子体』を全部取り除くそうで、しばらくすると吸い取られたようです?

       この後は、最初のまぶしさは無くなりました。(想像すると怖いですよね、この状態!)

       しばらくすると、多分レンズが縫い付けられているのでしょう!針が刺さるような圧力と、「パチッ」と糸を切る音が聞こえました。

       結構長い時間続いたようです。

       しばらくして明るさが戻ってきたので、もうすぐ終わりだな・・・

       はい、終わりました???

19:00 : 手術終了

 

とまあ、文章にすると意外と簡単?でした(笑)

56歳以降、何回目の手術だろう?

慣れと言うのは怖いものです(笑)

 

続く!

『眼内レンズが落ちる』の続き

夕方、「紹介状」を持って眼科クリニックに行きました。

 

台風の影響でしょうか、雨と風が強くなったりと結構荒れていましたが、

途中のバイパスで、なんときれいなに『虹』が見えました。

Rainbow(800x600)
右目はピンボケでしたが、何とか左目で頑張って撮ってみました。(^0^)/

 

約1時間で着きました。

初診受付をして、「紹介状」をだし、問診票を記入し・・・

待つこと20分以上

やっと検査が始まりました。

定番の検査でしたが、新しい病院には最新機器が入っている様です。

で、しばらくして診察へ!

症状の確認をして、すぐに「手術」のお願いをしました。

なぜって、とっても不便でしんどいからです。

目をあちこち動かすと、目が回ってしまいます。

 

無理を言って、明日10月7日の最終に手術をお願いできました。

17:20からの手術です。

手術時間は約40分くらいらしいです。

この後、いろいろ説明をお聞きしましたが、

その内容と他の項目は次回へ続く(笑)

 

実は、長い文章はとっても目が疲れます。

驚きました!「眼内レンズ」が・・・

今朝、出勤前にお風呂に入って?

顔を洗ってから顔を上げると、

突然右眼の視野が?????

見えません。

 

勿論明るさは解かります。

でも、画像が焦点を結びません?????

『あれ?何か入ったかな?』と思って目をこすってもダメです。

右を見たり上を見たりしても、何か視野がずれたり、動いたり、一部だけきれいに見えたり・・・

また、全く画像を結ばなかったり・・・・・・・

 

いろいろ試しましたが!全く駄目です。

流石にこれはおかしい!と

内心大慌てです。

 

とりあえず、風呂を出て、病院に行こうと決めました。

直ぐに会社に電話をして「体調不良で、休みます」と伝えて、病院へ!

もちろん一人ではいけません。連れて行ってもらいました。

 

体調不良も続いていたので、2科受診です。

 

診察の結果『眼内レンズが落ちてます』と言われました。???

『落ちる?』ってどういうこと???

 

とりあえず”???”の連続です。

10年ほど前に手術した「白内障」の時入れた「眼内レンズ」を支えていた支持体から

「眼内レンズ」が『外れて落ちた』と言う事でした。

 

『どうすれば良いですが?』と聞くと

手術で固定するそうです。

でもこの病院では出来ないと言われました。

「紹介状」を書くのでその病院へ・・・

 

結局電話をして夕方行くことに・・・

家から車で1時間ほどの 処です。

 

つづきは次回!

白内障手術のその後(4か月目)

右目を手術をしてからもう4か月目です。
違和感もずいぶん軽減して、手術したことももう忘れかけています。

もともとは近視でメガネ(若いときはコンタクトレンズ)無では運転はできませんでしたが。
白内障手術後は運転免許証に「眼鏡等」の記載はありません。


実際に運転も昼間ならメガネ無でも十分できます。
さすがに夜間は安全のためメガネをかけていますが。

同年輩の人を見ると大抵老眼鏡のお世話になっていますが?
私の場合はいまだによほど小さな字でない限りメガネのお世話にならずに過ごせます。

ただ、左目は「中心性網膜症」のため見えないのですが!

50代過ぎに少し老眼かなと思う時期がありましたが、その後左右とも手術をして「眼内レンズ」を入れたため老眼にはなっていません。

前回にも書いていますが、当初の違和感はほとんどありません。
左右の違和感も脳のおかげで今では気になりません。
当初、手元(パソコンの画面)は意識して右目で見ないとダメでしたが、今では自然とみることができます。

人間の脳の力はどれくらいあるのでしょうか?
60歳を過ぎてもまだまだ順応力はあるようです。